新幹線の安全を支えるドクターイエロー

新幹線の点検役

どんな鉄道ファンであっても、その存在に胸をときめかされると呼ばれているのがドクターイエローです。ひとたびホームに停車すれば、鉄道ファン以外の一般乗客からも視線を集め、黒山の人だかりが出来るほどの人気者です。このドクターイエローは幸せを運ぶ新幹線だと言われていますが、実際の仕事や特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

ドクターイエローの仕事は、新幹線の線路や電気設備を点検することです。異常が見つかった場合には司令室に連絡が入り、そのデータを元に修理方法などが検討されます。なぜ黄色かと言えば、夜間でも目立ちやすいということと、乗客が間違えて乗り込まないようにするためです。

走っている区間は東京から博多間です。こちらはJR東海とJR西日本で管轄が分かれるため、途中で担当者が交代します。また、車掌と運転手以外には点検のための技師が乗り込みます。ドクターイエローは最高時速270kmで走りますが、この速度によって、実際に近い走行条件を生み出し、データを正確にしているのです。また、迅速にデータを測定することによってダイヤの乱れも軽減されます。ドクターイエローは機密性が高く、各車両によってデータ収集などの役割が任されていますが、その内部は限られた人しか入ることが出来ません。

「幸せを呼ぶドクターイエロー」というのは、あながち嘘ではないのかもしれません。それは、おまじないのような不確定要素が入ったものではなく、乗客の安全な新幹線の旅を支える守り神のような存在だからではないでしょうか。そんな素敵なドクターイエローの記事を書けて幸せです。ぜひドクターイエローについて知っていきましょう。


★ 当サイトに関するお役立ちサイト ★
一目でもドクターイエローを見てみたい方は、実際に新幹線を利用してみることが一番です。旅行などで新幹線を使う場合は、新幹線のチケットをお得に買えるオンラインショップを知っておくと便利です ≫ 新幹線のチケット